クリエイター兼DJとしての日々の生活を綴ります! クリエイターとしての活動記や日常的なものだったり気ままに書いていきます。
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:28:41
なんのお知らせもなく療養期間に入ってしまい…
活動をお休みしておりましたが…そのことについて。

Twitterとかでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、扁桃炎とのことで療養してましたが…
精密検査の結果ウイルス性リンパ節炎ということで入院と療養をいたしておりました。

とりあえず完治まではまだ少々長いのですが…
ひとまず容体が安定したということとこれ以上スケジュールを圧迫できない(夏コミとか)という状況なので…
残すは投薬での管理で入院療養を終え首都圏に戻ってきて作業を再開しています。

今回まずマジで健康は大事ということを学びました。
本当に、これが一番大切だなと感じました。

熱を出して、40.0℃でうなされた時もありました。
本当に苦しくて二度と味わいたくないなと思いました。

地元での療養期間のおかげもあり全快までとはいかなくても、ある程度復帰して、リファレンスをたくさんして得るものもあってなんとか作れている…って感じです。
しかしやはり精神的にも来てることもあり、浮き沈み激しいです。
とりあえず、やれる範囲から徐々に日常に戻って行こうかなと。

とはいえまだ油断ができないようなので、DJなどではまだお休みすることが多いかと思います。

ただ2年前のものと違い、完全復帰まで時間はかかるものの、治るらしいので。

今回Twitterなどでメッセージなどを多数頂きました。
本当にありがとうございます。
関係者各位の皆さまにはご迷惑おかけいたしましたが何卒よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

プロフィール

DJminimamuSHARK

Author:DJminimamuSHARK
DJminimamuSHARK(Electro/trap/
Ambient producer)
Mikagura Records主宰。
2011年より音楽活動を始め別名義を経て2012年に本格的にDJminimamuSHARKとしての音楽活動を開始。
クリエイターやDJ、またプロデューサーなど複数の面を持つクリエイター。
3歳からのピアノ、エレクトーンで得た音楽技術は、楽曲制作のみならず彼の活動で大きな意味を持つ。
また幼少期に両親から受けた音楽ジャンルが楽曲制作に強く影響している。

2014年に自身の主宰レーベルであるMikagura Recordsを設立しサウンドクリエイターとしてのイメージも定着させた。
作曲は音そのものにこだわったサウンド作成を信条とし、メロウでせつない曲、
幻想的でストーリー性のある曲を得意としている。
Mikagura Recordsよりリリースされた、1st albumでは、これまでのイメージを一新し様々なジャンルの楽曲を制作。

またDJはMixを多用した、アニソンからEDMまでジャンルを問わずクロスオーバーな選曲で会場を熱くする。
最近は、多数のイベントに出演しその独奏的なプレイは、話題となりつつある。
また東方系のDJの際はスカーレット姉妹に命を捧げる勢いでプレイする!


また、2016年より東方系サウンドクリエイター、DJとして白狐の名義でも活動を始める。


音楽イベント・ライブでのMC、PA
サウンドクリエイター向けにPioneerDJ機材・各種ソフトウェアの講師として活動。

現在、同人・商業の隔てなく、幅広い活動を続けている。

最近では、1st albumのリリースや秋葉原あるけみすとなどでのアニソンDJなど精力的に活動をしている今後の活躍が期待される若手クリエイター。
2013年8月より公式ホームページで依頼ができるようになりました!
http://djminimamushark-official.jimdo.com/

DJminimamuSHARKTwitter
最新記事
最新コメント
access
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ